FC2ブログ
2018
09.04

ハミルトン

Category: 旅行
カナダ最終日。

トロントに戻る途中にある自称”Waterfalls capital of the world"が売り文句のハミルトンへ。実際City内に130ぐらいの滝があるそうです。

到着するとバイトらしきお兄さんから、一人いくら&車一台いくらを支払うよう指示。あら、結構高くないですか?でも、一度払えばその辺の滝全部カバーだというので支払ってみる。ほとんど歩くこともなく滝。ナイアガラの後だと、フーンという感じではあったかな。

Webster's Falls
20180730_122432.jpg

夫が三脚立てて撮影している間、私と息子はその辺を散歩。ちょっとした公園になってて川辺で息子が写真を撮ってくれたりしました。息子、最近、写真撮影にはまってます。父親譲り?

せっかく入場料も払ったし、もうひとつ急ぎで立ち寄りました。
Tew's Falls
20180730_124852.jpg

4時15分のフライトに間に合うよう、急ぎで出発。
空港近くでガソリン入れて、レンタカーを返して、大荷物抱えてDeparture ラウンジへ。

Air Canadaのチェックインカウンターへ行き機械でチェックインするもののうまく行かない。聞くと、アメリカへ行く人は別の方へ行くよう指示されて移動。移動先で再び機械でのチェックインを試みるけどさっきと同じで進まない。聞くと並ぶように言われるけど、見れば長蛇の列。でも、もう並ぶしかない。途中で列が二手に分かれたのでなんとなく早そうな方に並んでみたら、”Is he a baby?"と聞かれたから「4歳だけど」と何も考えずに言ったら、「じゃBabyじゃないね、あっちに並んで」と言われた。どうやらBaby連れかそうでないかで分けられてたらしい。

「これ、間に合う?」と不安に思いながらとりあえず並んでいると思ったよりはぐんぐん進み3時半に自分たちの番が来た。「ああ、なんとか間に合うわあ」と思った私は前向き過ぎた。お兄さんの顔が曇って、チェックインが進まないと。アメリカのイミグレは出発の1時間前にしまっちゃうから、チェックインすることができないと言われてショック!一通り文句を言いながらごねてみたけど、何もできないの一点張り(カナダ人も決してごめんは言わないのね)。Ticketing へ行ってくれと言われ、泣く泣くそちらへ移動。

Ticketingはとにかく時間がかかる。そんなに大勢並んでたようには見えなかったけど、一人一人のアレンジをするから一人に費やす時間が長いったらない。待ってる方も、何かしらエアカナダにしてやられた人ばかりなので、みんななんとなく苛立ちながら順番を待ってるわけで、同じ穴のムジナ同士、変な連帯感が生まれる。列に並ぶ時間が長くなればなるほど乗務員が敵に見えてくるのは、人種などなどにかかわらず世界共通のようです。私たちも大概ぶつぶついいながら並んでたけど、前にいたファンキーなカナダはサスカチューンからアイスホッケー(はカナダの国技)を見に来ていたお兄さんは、もう苛立ちを同じ穴のムジナとだけシェアするに飽き足らず、そこら中の乗務員にぶちまけ始めました。正直、我々だけでなく並んでた客たちは「兄さん、もっと行ってやれ」と言った気持ちで兄さんを見守っていた感じ。自分の声を声高らかに代弁してくれた兄さん、ありがとう!という感じかしら。兄さん、息子の名前のTatooが入った腕を我が家に見せてくれて、息子はあれはなんだと興味津々。若い兄貴なのに15歳の子がいるというから驚いてたら17の時の子だというからこれまた兄さんって感じで。息子も程よく相手してもらって列に並ぶ憂鬱の時間、楽しませてもらいました。

結局、ある意味予想通り、同日中に帰ることは不可能と判明。同時に空港泊決定となりました。まさか今年も空港泊になるとは。。。もはや飛行機の旅にはその心づもりをしておいた方がよさそう。

トロントの空港はまあいい空港でしたけど、夜が寒い。夫はまだ体調不十分だったし。丁度この夏セットアップしてきたSlingBoxで日本のテレビ番組をオンラインで見られたのはありがたかった。それで息子はだいぶ時間が潰せ、そのうち椅子二つを並べたちっちゃいベッドで結構しっかり寝ていました。私は寒くてうとうと止まりでしたけど。

もう乗り遅れは勘弁なので、5時には起きて早々にイミグレを抜けゲートに進みました。Ice Wineは結局最後まで見つからず、土産物屋でIce WineとMapleのキャンディーを代わりに買って帰路へ。

この1時間ちょいの飛行機はちっちゃくて久しぶりにゲートから直接でなく、階段を上って搭乗。ほぼ予定通り最寄り空港について、うちに帰って、昼過ぎから夕方まで気づいたら爆睡していました。その後もしばらく起きたら昼過ぎというのが続いて、8月は気づいたら終わってたという感じ。

6月の日本から始まった約2か月の非日常の日々、いろいろありましたわ💛
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://deechaidee.blog.fc2.com/tb.php/442-7b299c3b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top