FC2ブログ
2018
08.25

つ、ついに!

Category: 旅行
トロントを1日散策後の夕方、出先から直でナイアガラフォールズへ(向かったことを忘れていたのはこの前のブログに書いた通りです苦笑)

当然ながら着いた時には辺りは真っ暗。Air B&Bで借りた民家なので、暗がりの中探すのは楽でない。しかも、そのおうち、なかなか曲者で、ここのはず!と検討をつけた家に煌々と明かりが灯っているではないか!「あれ?オーナー宅の間借り?」と不安になりながら、夫がノックしてみると別の客が。「まさかダブルブッキング?」と不安を募らせていると、なんとうちが借りたのはその2階でした。結構大きい家が大変複雑な作りになっていて、4軒分貸せるようになってるよう。いやあ、わかりにくいよ。ドライブウェイは2台分しかないし。でも、オーナーは「説明をよく読め」みたいな返信してくるし、だいぶ強気な奴!

家は見つかったけど、この2階のお部屋、階段が狭い!我々、でっかいスーツケースで来てるので、それを持って上るのはちょいと至難の業。ってことで、スーツケースを暗闇の道端で全開にして荷物取り出し、2階に上がることになっちまいました。まるで銭湯にでも行くようなノリで着替えと洗面道具を小脇に抱えて運ぶ姿は滑稽です、自分で見ても。その後も昼夜問わず、道端でのスーツケース全開は続きます。

その日、お茶を1杯すすって床に就いたところまでは覚えてるんですが、目を覚まして時計を見た時に3時半ぐらいで、「ああ、よく寝たけど、まだ3時間ぐらいかあ」なんて思ったけど、でも、外は結構明るいし、まさか、まさか、そんなはずはない!と信じたかったけど、やっぱりそうでした。やっちまいました。午後の3時半でした、がーーーーーん( ノД`)シクシク…
旅行気分に体内時計が全く付いて行っておりません。

とりあえず支度して観覧車目指して歩きました。まずは腹ごしらえとダウンタウンのど真ん中で目立っていたKelseyだったかな?というファミレス風の店に入って、まあまあの料理で朝?夕?飯を食べ、ようやくナイアガラに来て初の観光らしいアトラクションへ。

観覧車!
20180728_200739.jpg

息子は初観覧車だったかな?

もうこの段階で既に5時過ぎぐらいだったけど、日が長いのが救いです。そのまま歩いてようやくお目見えしました、三大瀑布のひとつ、ナイアガラフォールズ!
20180728_200602.jpg

カナダサイドの方がやっぱり見ごたえあるかなあ。
20180728_200549.jpg

20180728_210236.jpg

暗くなるにつれ光の演出が。
20180728_212927.jpg

夜のライトアップ美しい!
20180728_214601.jpg

20180728_215856.jpg

20180728_212102.jpg

9時から花火も上がりました。しっかり寝てなかったらこの時間までは持たなかったわあ(またも必死に行動を正当化しています)
20180728_223440.jpg

この後、徒歩で来たので徒歩で帰るしかないんですが、息子は歩けないと言い出す。夫がおんぶ。おんぶに揺られて寝る息子。寝た子は重い!というとんでもない帰路となりました。おんぶ紐もなく18キロ近くある寝た子を体調まだ不良中の夫が30分歩いて連れて帰る。。。お疲れ様でした、ほんとに。

目覚ましをかけたので、次の日は一応朝起きました。そして、今日は車で中心まで行くことにしました。人は失敗から多くを学びます。

おっと、学ばない人がここに。中心に行く前にカナダですので、フレンチを食そうとフレンチクレープ屋に行ったんでした!また忘れるところだったわ。でも、なんだかね、オーナーの態度がイマイチ。おいしかったけど、あんまり居心地はよくなかったかも。。。

まずは滝に船で近づくツアーへ。
その乗り場らしき方向に向かうと長蛇の列。何だろう?まさかね?と言いながら近づくと、切符を買ってこの最後尾へ並べと言われました。ここ数日の嫌な予感が的中率高すぎ!でも、幸い、長蛇の割にさばける人数が多いので、40分待ちほどだというので、待ちましたよ。でも、確かにスイスーイと進み、しかも隣を飛んでいくジップラインの人たちを眺めてたらあっという間。

こんな格好でこんな船に乗りました。
20180729_140633.jpg

20180729_143831.jpg

相当なド迫力!近くでの水しぶきは相当なもの。きっとすっごい台風を中継するレポーターってこんな感じなんでしょう。もはや滝なんだかなんだか分かりませんが、でも感動します。

戻ってきてからようやく写真も撮る余裕がでました。息子もがんばりました!
20180729_134258.jpg

船を下りたところからの数枚。アメリカサイド(手前)とカナダサイド(奥)がばっちり見えました。
20180729_141432-141436-Trans Mercator

アメリカサイド
20180729_124635.jpg

続いてスカイロンタワーに登り、そこからの滝を眺めます。
ガラス越し部分と更に外に出てもぐるっと一周できます。私と息子はどちらパターンでも数周して写真撮影を終えると土産物屋を覗いたり。

その間、夫は三脚を立てて真剣な撮影に取り組んでおり、以下がその成果物。
20180729_155958-160001-Miller Cylindrical

20180729_153909.jpg

スカイロンタワーを下りてCASINOホテルのFood Courtでカナダのスタバ(と言うほどいっぱいあるのです)Hurton'sでお茶休憩。時差ボケ只中の息子、またここで爆睡。少し寝かせておいたけど切りがないので、おんぶして外へ。滝の方へ下るケーブルカーに乗車。これをエサに息子を起こすこともできたし、数分だけどぐんぐん下がりながら見る滝の景色もまた良いもの。

滝を後ろから見るツアーというのにも参加。またまた薄っぺらいレインコートを手渡されて地下にグイっと下がるエレベーターに乗って行きます。滝の後ろと言われてもその洞窟のような穴から見るそれはただの大量な水でした。そういう箇所を2つほど通り過ぎ、最後のところは滝の真横から見る仕組みで、ここに来てようやく滝を近くで見てるんだあと分かったという感じでしたね。

ずっと探し求めていたメイプルシロップとアイスワインをなんとかここの売店で購入しようと歩き回ったけど、アイスワインは見つからず。日曜日だから売ってないんじゃないかという不定かな情報にとりあえず納得して帰路へ。観覧車にはまった息子と本日2度目の乗車をするため歩きます。

20180729_152829.jpg

早く閉まる食事処が多いため、まずは夕食。子供受けの良さそうなジャングルをモチーフにしたホテル内のファミレスのようなところで食事をし、その後、観覧車へ。丁度夜景タイムとなり違う雰囲気で乗車できました。

今日は車で来ていたので、少し歩いただけで車で帰宅できてよかった~。
また暗闇の中スーツケース全開で次の日の衣類を引っ張り出して、今日の盛りだくさんな1日も終了です。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://deechaidee.blog.fc2.com/tb.php/441-2515b908
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top