FC2ブログ
2017
11.13

お買い物ごっこ

Category: 子供
お買い物ごっこが大流行り。
我が家のテーブルには「お店屋さん」の商品が山積みになっていて、本来の役割が全く果たせない状態(苦笑)

お買い物ごっこはお店への電話確認で始まります。お父さんにもらったおふるの二つ折りのガラケーがお店屋さんの電話で、「もしもし、お店屋さんですか。今日はやってますか」と確認すると、「うん、やってますよ~」とのお返事。「うん」というカジュアルな対応がいいですね^^ 続いて、「今日は何がありますか?」と聞くと、「スピナーとか、パズルとかなんでもありますよ」というので、来店してみます。

あまりにカジュアルなので、「いらっしゃいませ」を教えて見ました。元気に迎えてもらって、お買い物。KEVAを買ったのですが、なんと3円!超特価です。確か我々が買った時には80ドルはしたような。。。余りに安いので、トランプも買ってみたら、こちらは5円。手持ちにそんな小さいお金がなくて、10円で残りはチップとしました笑

またの来店をつよーく希望されたので、またまたお電話してお買い物へ。電話越しに「どんな遊びが好きですか」と聞かれたので、「なわとび」と答えたら、11月20日に入荷すると言われました。でも、すぐにとっとこ走って取りに行ってくれたので、即入荷。すぐ買いに行って来ました。縄跳びは2100円。なぜかとっても高かった!縄跳びを手にすると、必ず電車ごっこがしたくなるため、「お店屋さん」はお店そっちのけで電車ごっことなりました。縄を二人で持ってうちの中をぐるぐる。昨日はミニカーゲームというなぜそれがゲームと呼ばれるのか分からない遊びとお相撲もしました。お相撲は息子の一人勝ち!でも本当に強い。結構本気で頑張っても負けそう。。。お相撲に興味があるようで、私の教材の「お相撲」の本をよく眺めています。そこから勝ったお相撲さんはお金がもらうということを学んだようで勝負の後に何度かもらいました(笑)

昨日は日本語補習校で中古本市があって15冊ほど新しい絵本を入手してきました。
「今日は日本の本を買いに行くよ!」と伝えると「え、ここはアメリカなのに、日本語の本が買えるの?!」と大変驚いた様子で何度も聞かれました。よく考えたら、ここで日本語の本を借りたことも買ったこともないのです。当然と言えば当然の驚き。会場でもどうしても「買う」という感覚がつかめないらしく、仕切りに「これも借りていい?」と聞かれ、「うん、今日は買っていいから」と説明していたら、会場で会った同い年のお友達そうくんも「これを借りるんだ」と嬉しそうに言ってました。

教えている大学の学生さんも結構来ていて、その日本語への熱心さに感動!そして、選んだ本に個性が垣間見えて面白かったです。まだそんなに日本語で読めるとは思えないのだけれど、ホラー好きな子はその手のものを、恋愛好みはラブストーリーをしっかり探し出して携えていました。

息子の文字への興味は相変わらず。数字は結構読めていて、家の番号や本に出てきた車のナンバープレートなどはきちんと読めるようになっています。平仮名の方は相変わらず並んだままを読む以外は、自分の名前の文字がせいぜいなのかな。でも興味はあって、見よう見まねの練習はよくしています。今日は練習帳についている片仮名表を自分で切り取ってきて壁に貼ってました。漢字漢字とも言うので、参考までに1年生用の簡単な漢字表を貼ってあげて軽く説明。興味を摘みたくないのでサポートしてあげながら、でも多大な期待はせずにというスタンスでしょうかね。

少し前には迷っていた来年度からの補習校も、まあ文字にも興味を持つようになってきたし、定期的に日本人のお友達に会わせる機会を持たせることもどんどん難しくなっていく(学校に行くようになると本当に。赤ちゃんの時のようにいきません)ので、せめて補習校がそういう機会になることを期待したいですね。日本語の本が借りられる図書館へのアクセス、いろいろな日本の行事が体験させてもらえるのもありがたいことです。親は役員がもれなくついて来て大変になるみたいですけどね。

そうそう、あとお手伝いをもう少しやってもらおうと最近は自分の洗濯物のうち靴下、パンツ、ズボンはたたんでもらうことにしました。パンツは2回目にして上手になっていたし、靴下もペアにして上のところをクルッと返して纏めることができるようになって、なんでもやらせることが大事だなあとつくづく。どうしても自分でやっちゃった方が早いから、ついやっちゃうんですけどね。友達の受け売りで、お手伝いしたらガラスの瓶にビーズを貯めてお手伝いしたことを可視化してみようと思ってるんですが、まずは瓶とビーズを入手しなければ。。。

最近の息子話でした。





スポンサーサイト

トラックバックURL
http://deechaidee.blog.fc2.com/tb.php/380-edd6df7d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top