FC2ブログ
2015
06.29

ここにオーズ入れて

Category: 子供
お、ついに三語文が登場。
ブーブー行っちゃった、おっきい木のような二語文から大きく飛躍ですね〜
ちなみにオーズとは、O'sというまさにOの形をしたシリアルのことで、息子の好物です。

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
06.29

こんなパターンも

Category: 子供
カラフルですね〜

20150628_232718.jpg

Comment:0  Trackback:0
2015
06.26

縦列駐車

Category: 子供
私よりずっと上手^^

20150622_093923.jpg

フローリングの線やサッシの溝などにきれいに沿う縦列駐車。
最近よく見かける風景です。
Comment:0  Trackback:0
2015
06.20

日課と課題

Category: 子供
日が長いこちらの夏、大体8時半過ぎまで明るいのです。
夕食が済むと、息子の「おそと」コールが始まり、最近の我が家は8時頃からのお散歩が日課となっています。

まず庭に出ると、ちょうど蛍がピカピカし始めています。「おたる」と言いながらそれを追いかけ、その横にあるプレイセットで3回ほど遊ぶと、今度は庭の外へ出てその辺をぐるっと回ります。あちこちの「おたる」や「あり」を見つけて、沈みはじめて赤くなった空を「あかい」と言いながら歩いていると、一番星がくっきり見えてきて、お散歩終了。寝る前の「にゅうにゅう」も忘れません。

そんな夜のお散歩途中にお父さんとした「けんけんぱ」。その日からすぐにその言葉を覚えて、不意に「けんけんぱ」と言うようになりました。

本を自分で眺めたり、お父さんやお母さんに読んでとねだったりするのも日課に。
このところお母さんによくねだるのがいとこからもらった「ルコちゃんが行く」と乗り物の本。乗り物の本を見ながら、これは何?と聞くと、「ひこーき」「ヨット」「ブッブ―」「きしゃ」とちゃんと答えが返ってくるので、本当にちょっとした会話になっているようです。

寝る前に、お父さんには「だるまさんが」をよく読んでもらっている様子。アクション付で読んでもらえるのもお気に入りの理由のひとつみたい。

日課にしてほしくないけどなりつつあって困っているのが食べムラと癇癪。
食べ過ぎて困るわあ。。。なんて言ってた頃が早くも懐かしい。最近はブロッコリー以外の野菜は細かくしても、砕いてもあまり食べてくれません。口にいれて少しでも何かが引っかかるとすぐべーっと出してしまうし、以前に比べて量もグッと減りました。

それが、先日お魚を食べさせていた時、自分用のご飯のお椀を指しながらお魚を「ここに入れて」ときれいに言った時にはいろんな意味で感動しました。

癇癪もねー 気が強く意志がはっきりしているので、思うようにならないと、「あっあ」という声を出すのです。それをやめさせるというのが目下課題なんですけどね。なかなか根気が要りそうです。


Comment:0  Trackback:0
2015
06.20

人&場所見知り

Category: 子供
長かった時差ボケもようやく通り過ぎ、今週からはほぼ通常通りの生活。
図書館のお話会にもお友達宅にも行き始めました。

以前から、もちろん日本にいる間も、とーってもフレンドリーな息子。
街やスーパーで、にっこり微笑みかけられるなあと思うと、前のベビーカーの中で明るく手を振っているなんてことが日常でした。のに、慣れているはずの図書館のお話会の会場に入った途端、数歩後ずさって、「フンフン」と弱気な声。お歌やお話が始まっても落ち着かず、結局ぐずり始めて途中離脱となりました。
うーん、こんなこと今まで一度もなかったのに。
日本ではお話会には行けてなかったし、久しぶりだったからかなあ。。。

と思っていたら、今日行ったお友達の家のドアをくぐった途端、同じような反応が。
うん?これはどうやら人見知り&場所見知りってやつ?
そういうのってもっと小さい時にあるものとばかり思っていたけど、いろいろわかるようになったからこそ起こるというのもわからなくはないか。。。

しばらく恐る恐るだったけど、ほとんど同い年のお友達、しかも全員女子!という恵まれた環境に、息子の心も程なく緩み、気付けば結構遊んでました。慣れるのも早い!

ほぼ同い年の子供が5人。女子と男子の生態って既に現れてのかも? もちろんこの子達の性格ってところもあるだろうけど。せっかくなので観察結果を。

① 女子間では既に女の闘いがあるらしい。顔を掴んだとか、物を取られたとかとかでいつもどこかから鳴き声が。。。
② そんな女子を男子は傍観。。。 われ関せず?単に興味なし?
③ まだしゃべる子、しゃべり始めの子、しゃべらない子といたけど、女子の方が意味あるなしに関わらずよくしゃべる。
④ 男子がしゃべるのは必要最低限。不意にどこからか現れて、ご飯、お菓子の要求が終わると消える。。。

結局、最初に見せた人見知りはどこへやら???
来週の図書館もすぐに馴染んでくれればいいけど。


Comment:0  Trackback:0
2015
06.17

おめでとう!

Category: 家族
誕生日にはレストランでお食事!という恒例のイベントが誰かさんのおかげで難しいので、ちょこっと趣向を変えてみました。

息子が大好きな「おっきい木」に囲まれた公園は、木漏れ日が気持ちよく、買って行ったちょっと高級なローストビーフやエビのお惣菜もおいしくて、こんなお誕生日パーティーもなかなかいいね、と新たな発見。

お祝い時のお食事タイムにはなぜか寝ててくれる息子、今回もそこは通常通り。父と母はおいしいお食事に舌鼓を打ちました。

お目覚めの息子もすぐに広い公園を走り回れて大満足!シャボン玉を追いかけ、湖までの散歩も楽しめました。

20150614_031421.jpg


Comment:0  Trackback:0
2015
06.17

お手伝い

Category: 子供
「猫の手も借りたい」なんて言っては失礼なぐらい本格的!

20150613_020508.jpg

20150607_074851.jpg





Comment:0  Trackback:0
2015
06.11

ようやく10時まで来ました。

Category: 日本
日本への一時帰国、盛りだくさんで楽しむことができました。
行きも帰りも飛行機内での息子は100点満点で、びっくりするほど。
母は旅のお食事も逃すことなく食べることができました。

が、帰ってきてからの時差ボケは予想通りの内容です。
初日、数度のギャン泣き
2日目 9時頃に一度寝て夜中1時起床 朝5時まで元気に遊ぶ
3日目 12時過ぎに起床 4時まで遊ぶ
4日目 12時過ぎに起床 2時半頃から眠くなり3時就寝 
5日目 夜寝ることはなくなり、1時過ぎ就寝
6日目 11時半就寝
7日目 12時就寝
8日目 11時就寝
9日目 10時過ぎ就寝

ほぼ見事に1時間ずつ戻って来ているという規則制、ちょっと面白いです。
この調子で行くと明日には通常の9時になる予定なんですが。

機上での上手な過ごし方もものにした息子の苦手と言えば病院での検診です。日本で受けた1歳半検診は強烈でした(思い出したくない。。。)そう、そしてこちらでの18か月検診が明日なのです。。。これが吉(泣き疲れて早くねる?)と出るか凶(興奮しすぎて逆戻り?)と出るか。。。また後日お知らせすることにして、久々にできた自分の時間を謳歌しすぎない程度に私も寝ることにします。おやすみなさい! 


Comment:0  Trackback:0
2015
06.11

言葉が出てくる、出てくる

Category: 日本
今回の更新しなかったぶり半端ないですね〜 ほぼ2か月とは。

日本へ一時帰国していました。
私のブログに成長はゼロでしたが、息子のそれはすごかった〜
とにかく元気!そして何と言っても言葉の成長でしょうか。かなりの場面で、コミュニケーション取れてるなあと感じることが増えました。たとえば、座って、テレビは後ろで、開けて、お出かけ、お散歩行こう、お風呂、はみがきなどのことはほぼすべて理解して、こちらの意図通りに行動してくれるようになりました。実際の発話も増えて、何と言っても、日本で連発していたのが「おっじっちゃん」。こんなにも時間をともに過ごしている母は「おっかあ」止まりなのに。他にも、くつ、お外、あちっ、いたい、もういい、蟻、きれい、(電気が)ついた、(消え)ちゃった、ブッブ―行っちゃった、おっきい、目、耳、鼻、口などの部位などなどいろいろ言うようになり、また、言葉にならないけど、イントネーション的に何かを言ってるなあという発話もものすごく増えました。

こちらに戻ってきてからも、日本で受けた刺激がそのまま続いてるのか、日々言葉が増えて行きます。今では、蓋やドアを「開けて」とお願いにくるし、お菓子がほしければ「おかし」と言ってくれるし、パンも「カニパン」とどのパンか言うようになり、飲みたいものも「おみむ」「にゅうにゅう」と言うので、水なのか牛乳なのかもわかるようになったし、お気に入りの車のおもちゃのスクールバスは「おっきい」、タクシーは「タクシー」、消防車は「あか」、黄色の車は「ブッブー」と区別して呼ぶようになり、「のむ」「のる」などの動詞も出てくるようになったし、最近はこれまで長く抱えていたお互い分かり合えないストレスから少々解放された気がします。

そんな中、夫が感動したのが、「おんがっく」の一言。よく童謡や唱歌をかけているのだけど、聞きたいと自分から「おんがっく」とお願いに来るのです。目に見えない音楽のような言葉も言うようになったことには感動します。しかも、音楽から学んでいる言葉が多いことに改めてびっくりです。にらめっこしましょアップップのような歌は、その部分が聞こえてくると、他のことをしている時にも「アップップ」と言い出します。私と夫が話せるようになった言葉について話していると、当然わかる言葉が会話の中にたくさん登場するので、その度に反応してリピートします。子供の耳の感度ってすごいなあ。

そして、面白かったのは、チューリップの歌の中の「あか、しろ、きいろ」の「あかし」が「おかし」に聞こえたようで、「おかし」と連発していたことです。きっと自分で知ってる〜と思ったんでしょうね。耳から入ってくることを自分の知ってることで処理しようとする能力はこんな小さい時から同じように備わってるんですね〜

と同時に、こんなミスもするんだ、フムフムと思ったのが、お菓子を食べ終えて明らかにお外に行きたいはずなので、出てくるとしたら「くつ」だろうと思うところで「おかし」を連発していた時です。「くつ?」と聞いたら「くつ」に治ってました。覚えたての言葉ばかりだから、時に混乱もするんでしょうね〜

日本語が中心ですが、英語もいくつか出ています。だいぶ前から使っている「アップ」に続く「ゴーゴー」。一時帰国中に夫が階段を手作りしてくれてついに遊べるようになった庭のプレイセット。階段を上って、ひとしきり遊んでから、滑り台を滑るときの一言です。

プレイセットでも難無く遊べるほど足腰もさらに強くなり、動きもスムーズになり、1歳半ってこんなにいろいろなことができるようになるんだなあと日々驚きの連続です。



Comment:0  Trackback:0
back-to-top