FC2ブログ
2014
09.30

散髪 by 父

Category: 子供
生まれた時からまあそれなりにある方でしたが、でも、まあそこまで多いって感じも受けないので、伸ばしっぱなしにしていた息子の髪の毛。ですが、最近は寝癖の形にバラエティが出てきまして。。。つまり、切ってあげなさいってことですね。特に耳にかかってるところが気になるという夫が切る担当となって、朝食後、ハイチェアーに座ったまま散髪タイムに突入となりました。

半分食べさせながら、気のせい気のせいと言ったノリで始めたのですが、何かが背後で繰り広げられているとわかるらしく(赤ちゃんを馬鹿にしちゃあいけませんよね)、でも、なんだかわからないので、逆に大泣きされて思った以上に大変なことに。そんなわけで写真もビデオも撮り逃しましたが、気になってた耳のところはすっきりしました。あまり気にしていなかった私ですが、すっきりした姿を見て、ああ、伸びてたんだ〜 と実感しただけでなく、なんだかとってもお兄ちゃんに見えてきました。気のせい?親ばかのなせる技?

お兄ちゃんになったと言えば。。。最近はなんだか自立心、反抗心が出てきた息子。
一人で歩けるようになったせいか、手をつなぐのを嫌がるように。それから、自分がしたいことをダメ!と止められた時の反応はちょっと衝撃でした。アーアーと言いながら手を振り回して、明らかに反抗してるんです。反抗は自立心の表れだと思うと、この前生まれたと思ってた子供がもう親から離れようとしているのかあ。。。なんて切ない思いです。

初散髪の髪の毛、大切に取っておこうと思って、BFの瓶に入れてみました。ちゃんと洗ったんですけど、においって結構残るんですね。いくつかある中で桃とリンゴのデザートのにしました。桃の香りの髪の毛の方が、野菜のシチュー臭よりいいかと思いましてね。けど、パッと見「ごはんですよ」っぽくないですか。間違えてご飯にかけちゃう前に、大切に保管しておこうと思います。

20140929_163914.jpg



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
09.29

キャンプデビュー

Category: 旅行
突然の停電で急きょおうちキャンプをしたのは、確か今年の2月。
今回はおうちでなく、キャンプサイトに出向いてリアルキャンプをしてきました。

着いたら、まずはテントだそうです。確かにテントを張ると気分が盛り上がりますね〜

20140920_151432.jpg

周りにもたくさんのキャンプ客。早々に来て盛り上がってるグループ、連れてきた犬が大はしゃぎのグループなどさまざま。真新しいものでいっぱいのキャンプサイト。息子は、きょろきょろしながら歩くことに大忙し。家の中ではやや小走りになる位に歩くことに慣れてきましたが、でこぼこの多い森の中ではそうはいかず。だいぶ尻餅ついてましたね。湖まで簡単なトレイルにも挑戦。自力で歩き始めましたが、やっぱり長くは続かず、お父さんの抱っこにて到着。

20140920_163306.jpg

ご近所さんがフットボールをしてたので、私たちも久しぶりにバドミントン。でも、ストローラーに座らされて一緒に遊べない息子がへそを曲げて終了〜 夕食となりました。炭火焼のお肉も鮭もおいしかった〜 

20140920_184844.jpg

新しいこと満載で、たくさん歩いた息子はやはり疲れたのか、初めてのテントの中ですんなりご就寝。大人二人は、コーヒーを片手にキャンプファイヤーを囲んで、暮れていく秋の夜長をゆっくりと過ごしました。星が見えれば、もっとよかったけどね〜

いつも早起きの息子も、割とゆっくり寝ていてくれたので、ご近所さんたちの活動する音を遠くに聞きながら、私たちはゆっくり目のスタート。コーヒーを沸かして、ホットケーキで朝食。息子も今回はキャンプ食を堪能。ぼちぼち片づけをして、昨日とは違う場所で湖を楽しみました。

20140921_131134.jpg

天気にも恵まれたキャンプデビュー。寒くなる前にもう一度できそうかな?


Comment:0  Trackback:0
2014
09.13

ある日の午後

Category: 子供
家の中では本格的に歩くようになった息子。
そこで、日課となっている散歩の時に、少し外を歩かせてみることに。

それにしても、子供を外に連れて行く時の準備は時間がかかります。
まだまだ日差しの強いこの時期、日焼け止めを塗って、帽子をかぶせて。
靴をはかせるのも一苦労だし。さあ、出かけようと決めてから出るまでに最低15分はかかってるでしょうね。

と、そんな苦労は露知らずの息子は自分の準備ができて、じゃ、鍵かけるからここで待っててね、なんて言っても通じないのはわかってはいますが、人が家の鍵をかけている間にも止まってなどいてくれない。

特に今は歩くのが楽しくて仕方ないので、鍵をかけ終えて後ろを見たらさっきドアの前にいたはずの人が、ガレージを出そうになっている。。。ヨタヨタ歩きのくせになかなか素早い。待って〜と手をつかんでドライブウェイを手を取りながら歩き、終わる辺りでUターン。そこで、近所のPatとCamilaが車に乗って通りかかった。「あら、もう歩いてるの〜 かわいいわね〜」

彼女たちが出かけて行ったあと、息子と私はもうドライブウェイをもう一周。慣れてきた息子は自分ひとりで歩きたくて仕方なく、私の手を振り切ろうとせんばかり。9か月にしても、歩けるようになると一人で行ってしまうのね〜 と母は少々悲しい気分。でも、そうも言ってられず、腕をぎゅっと掴んで無理やり手をつながせましたけどね。

20140911_141006.jpg

初お外散歩、ドライブウェイを2周程度ではありましたが、子供にしたら大冒険だったのでしょう。ちょっとお疲れの様子だったので、いつも通り、バギーに乗せて近所をぐるっと回ってきました。

テレビを見ながら散歩後お決まりの1杯。
最近はこちらでもドラえもんの放映が始まり、これだけはたまに見せてます。
英語を話しているのび太ことノビーや、ジャイアンことBig G、しずかちゃんことスーが面白くて、どちらかというと私のほうが興味津々で見てるんですけどね。

20140911_120839.jpg




Comment:0  Trackback:0
2014
09.12

教室と名の付くところ

Category: アメリカ生活
へ二つほど行っています。
その名も「ケーキ教室」と「中華料理教室」。
うーん、いかにも主婦っぽい響きですね。

ただ、教室に行っていると言っていいのかは疑問。
なぜなら、学んだ料理を一度も家で再現したことがないから。。。ハハ

「教室」とは。。。辞書によると、「技芸を教える所」だそうなので、先生は教えてくれてるという点ではいいのか。。。でも、自分も長く「教室」で教えてきた身としては、教えたことは教室外で活用されることが強く期待されてるはずなんですよね〜 

夫からも、あっさり「息抜きでしょ?最初からわかってたよ〜」というありがたいような悲しいようなコメント。もちろん学ぶ気満々で行き始めたですけど、結果的にはその通りでございますと答えるしかなく。

でもでも、教室内の貢献度は。。。
小麦粉50グラムをしっかり計り(何に使われるかは定かでない時もありますが)、餃子を包み(ギャザーがゆがんではいますけど)、、、これもまた低っ。

けどけど、共同(?)で作った結果できたお料理達は見事なものです。

抹茶ロールケーキと黒糖とゴマのボーロ
DSCN3853.jpg

ガトースイス(クリームチーズ冷製)
20140605_115620.jpg

ガトー・オ・アンジュ
20140908_123653.jpg

グラス・オ・シトロン&ローズマリーのビスコッティ
20140807_120929.jpg

石榴包ピーマンの肉詰め薬膳料理
20140421_122121.jpg

焼売
20140421_115559.jpg

氷花鍋貼(羽根つき餃子)
DSCN3805.jpg

これらをアフタヌーンティーばりにいただくのは、まさに至福のひととき。
そして、持ち帰ったお料理やケーキを夫に自慢げに披露しながら、もう一度いただいちゃうのですから、教室の日は名実ともにおいしい1日なのです。

「息抜きでしょ?レシピもないし」と言われたので一言。
いえいえ、レシピはしっかりもらってきてます。教室から戻るとすぐ、なくさないようにきちんとレシピ入れにしまってるんです。その時の思いはもちろん「また近々よろしくね」ですよ。
決して「いつかどこかでお目にかかる時まで」ではなく(笑)





Comment:0  Trackback:0
2014
09.11

尻もちをつきながらも。。。

Category: 子供
しっかり歩けるようになりました。
「おお、20歩達成」と言ってた頃までは、なんとなくまだ勢いで前進しているようだったのですが、3日ほど前から、みるみる安定感が出てきて、しっかり歩いているという感じになっています。ほんと、あっという間の上達ぶりに私たちもびっくりです。尻もちをついても、またすぐ立ち上がって歩く姿はいじらしい。。。けど、最近はハイハイを見ることはめっきり減ってしまいました。

下の方にある引き出しを開けては中の物を出して、という遊びもレベルアップ。最近は、中に入っている物の中身まで出してくるようになり、かばんの中から見つけてきた財布片手に「どちらへお買い物?」と声をかけたくなるような様子。中だけでなく上にも手は伸びるようになり、物をいくら上に移動させても、どんどん攻略されてしまいます。

息子の行動範囲拡大に対応しているのですが、追いつかない。。。
隠し、積み上げ、上へ移動しなどなど一通りのことはやってるんですけど、現在のところ息子の成長の速さに完全に押され気味です。次はもうカギをつけるか、あきらめて「どうぞ好きにしてちょうだい」と解放するかしかない。。。かな?

Comment:0  Trackback:0
2014
09.07

ついに20歩

Category: 子供
昨日から急に足取りがしっかりしてきました。
あれ10歩、あれあれ13歩、なんて言ってたら、今日はついに20歩。
もう本人も歩きたくて歩きたくて仕方ない様子。
手をついても、そのまま持ち直して歩き続けます。
手押し車を使えば自在に動き回れるし、片手をつないだだけで一緒に並んで歩けるし。
ハイハイする姿を見ることも、両手を取って歩かせることも、すぐにできなくなりそう。。。
なので、今、写真やビデオにその姿をおさめることに必死です。
Comment:0  Trackback:0
2014
09.05

お話会

Category: 子供
生後2か月を過ぎた頃から親子で参加できる場を探して行き始めた図書館のお話会。
最初は確実にいちばんチビだった息子も、今ではなんだかお兄さんに見えます。

20140903_105241.jpg

お歌やお話が一通り終わると、シャボン玉タイムがあって、プレイタイムに。
シャボン玉は未だなんとなく傍観してるだけだけど、プレイタイムにはかなり積極的に遊ぶようになってきました。

20140903_110935.jpg

とは言え、まだ他の子と遊ぶという感覚はないようで、うちにないおもちゃを一人で遊ぶというパターン。でもやっぱり車系のものが好きなのはうちでも図書館でも同じようです。


Comment:0  Trackback:0
2014
09.05

優越性の追求

Category: 子供
「たとえば、よちよち歩きの子どもが二本足で立つようになる。。。無力な状態から脱したい、もっと向上したいという普遍的な欲求」をアドラーは「優越性の追求」と呼ぶんだそうですが(岸見一郎、古賀史健 『嫌われる勇気』より)、まさに今の息子は「優越性の追求」に突き動かされているといった感じです。

振り向けばそこに立っている、気付けばマイカーで家の中をドライブなどなど。

20140902_102207.jpg

とにかく四足歩行から脱したくて仕方ない、横にされることほど嫌なことはない。そんな飽くなき追求の結果、さっきはふらふらしながらもついに13歩ほど自力で歩いてました。すいすーいっと歩いちゃうのもこの調子だともうすぐかなあ。。。




Comment:0  Trackback:0
2014
09.02

アフリカへ再び

Category: 家族
行ってきました!
2年前のちょうど今頃、アフリカの地にいたことを思い出したら居ても立ってもいられなくなりましてね〜

20140831_165354.jpg

と言っても、今回はうちから1時間半ほどのところにあるアフリカへ。
でも、サイがこんなにのびのびといる様子、本当のサファリのようでしょう?

20140831_164800.jpg

実際にこんな広々としたところに、象やさまざまなアンテロープたちが動き回ってるんです。
動物園とは思えない自由ぶりに驚きましたよ〜

ゴリラ、チンパンジー、バブーン、シマウマ、ダチョウ、キリンなどなど見る物満載。特に、ゴリラ、チンパンジー、バブーンは生まれたばかりでやんちゃ盛りの赤ちゃんをしっかり面倒見ていて思わず親近感。それにしても、赤ちゃんというのはよく動くんですね〜 うちの子だけじゃないんだわ〜 

炎天下にもかかわらず、ここ1年ぐらいで一番歩いたじゃないかというほど歩きました。カロリー消費量は相当なもののはず!けど、次の日の筋肉痛というか体のだるさもなかなか来てました。。。汗

いろいろ写真撮ったんですが、ガラス越しだったりであまりきれいに撮れず。夫が撮ったred ibisだけは美しく撮れてたので載せまーす。

20140831_151421.jpg

初動物園を満喫した息子には、サファリ風の帽子をおみやげに。

20140902_090744.jpg

これはしばらくかぶれればいいんですけどね。
Comment:0  Trackback:0
2014
09.02

フットボールシーズン到来

Category: 家族
またまたやってきました、フットボールシーズン!
昨年に続き、夫の大学の初戦は、フリーディナー&チケットをいただき、スタジアムで観戦してきました。昨年との大きな違いはやはり、去年お腹の中で歓声だけを聞いていた息子が、チームTシャツを着て一緒に観戦しているところでしょうか。

20140830_181900.jpg

去年結構いい成績を残したせいか、今年のスタジアムの賑わいは去年とはくらべものにならないほど。実際タッチダウンを次々に決めて、なかなかいい試合でした。が、さすがに6時スタートの試合を最後までというのは、息子には厳しいためハーフタイムにて退散。

結果は52-13と圧勝だったそう。幸先のいいスタートとなりました。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top