FC2ブログ
2014
03.17

まさかのおうちキャンプ!

Category: アメリカ生活
先週木曜日は午後から冷たい雨が降り始めました。そのうち止むだろうという予想に反して一向に止まないどころかどんどん酷くなって行く一方。

金曜日早朝の授乳中、何度か一瞬だけで真っ暗になる瞬間が。それが4、5回続いたあと、ぱったり戻って来なくなりました。ちょうど授乳を終えて寝るところだったので、まあそのうち戻るだろうとお布団の中へ。

ところが、朝起きた時にも電気は戻っておらず。予報通りの寒い朝、当然セントラルヒーティングシステムも切れてるので寒いのなんのって。ガス暖炉のスイッチが電気なんてことがないことを祈りながら夫が付けてみると、無事に点火!その瞬間から家族全員で暖炉前に張り付いて電気さんのお帰りを今か今かと待っていたのですが、ぜーんぜん戻って来ない!

外に目をやると、木の枝という枝が見事に凍ってつららが下がっているのです。木があんな状態で凍っている姿はみたことありません。

ColdRain_20140307_172705.jpg

ColdRain_20140308_081140.jpg

でも、その重みで、枝や木の多くがしなったり、ぽっきり折れてしまっていたり。我が家の木もこんな有り様。

ColdRain_20140307_173041.jpg

停電もそんな折れた木が電線を切断したことから起こったよう。

こんな日に限ってお友達とお茶する約束をしていたのです。間が悪い。電動で開け閉めしてる車庫のドアがそもそも開くの?ってことになって。開かなければもちろん出掛けられないし、とりあえずメールしておこうとパソコンを開けて、あ、そうだった、電気がないんだったと気付く始末。どれだけ電気に頼った生活してるかを痛感。こんな時に限って、電話番号も交換してないし。すっぽかす訳にもいかないので、まあとりあえず出掛けてみようと、車庫が無事開いたこと幸い、3人で家を後に。

道中では色々起きてました。家を出てすぐ、折れた木に潰された車が乗り捨てられてました(怖ッ)そのまま進むと、道のあちこちに脇から木が倒れ込んでいて、一度ちょうど倒れて来た枝がうちの車もかすめたし。友達とひとしきりそんな話をした後ちらっと停電のこと忘れかけてたんですが、そうだった、そうだったと。まだ電気さんはお戻りじゃないようだし、ちょっと私一人で帰りの運転大丈夫???って感じなので、またまた3人で帰路へ。

家の中はとにかく寒い。キャンプ用ガスボンベを出して来てお湯を沸かしコーヒーを飲むと、ああ、夫の趣味がキャンプで良かったあ。。。としみじみ。暖炉に張り付きながら待てど暮らせど戻って来ない。これはもう覚悟決めるしかないねと、夫は更なるキャンプ道具を引っ張り出して来て、おうちキャンプの準備に取りかかりました。真っ暗になる前にと、晩ご飯も早めに済ませました。メニューも焼きそば。キャンプっぽいですね。

DSCN3557_2.jpg

日が沈むと寒さがまた身にしみます。もう寝る以外やれることがないので、「ええ、こんなに早く寝られるかなあ」とか言いながら、あっという間に寝ていました(もちろん、授乳で何度か起こされましたけど)。

ColdRain_20140307_185915.jpg

明るくなって来て、ああ、太陽ってありがたいと心から思いました。この日は太陽の恵で、電気がなくても暖かくて助かったあ。。。外に出てみると、まあ確かに木をボキボキと折った原因ではあるけど、凍った木や枝が光に照らされてる姿は美しかったです。

ColdRain_20140307_173602.jpg

ColdRain_20140307_173718.jpg

ColdRain_20140307_174236.jpg

が、現実に戻ると、家の回りの木は大変な状態です。

ColdRain_20140308_085534.jpg

折れた木が歩いてゴミ箱に収まってくれれば良いんですが、そうも行かず、夫は朝から木と枝の片付けに大忙し。ちょっとした運動より運動効果抜群だったみたいで、後からひどい筋肉痛に襲われたよう。

向かいのエドさん(久々の登場です)が心配してやって来てくれました。彼のうちはあまり被害なかったみたいで。うちのばっさり折れた木を見て手伝ってやると。ありがたや〜 後で聞いたら、こんなの5年に1回位あることで、今回のなんてNothingだそう。みんなもれなくチェンソー持ってて、こんなことがあっても普通にチェンソーをガーガー言わせながら片付けてたし。我が家もこんなことで動揺してる場合じゃないみたいでした。こっちでこういう生活をして行くって学ばなければいけないことと、持つべき道具が多いのなんのって。車がピックアップトラックに変わる日も遠くない???

このまま戻って来ないなら今晩はテントもはっちゃおうよなんて言ってたら戻ってきました。トータルで約1日半の電気無し生活は午後3時40分に終了。時計の復活で電気さんのお戻りに気付いたため、妙に鮮明にこの時間覚えてました。停電中に届いた日本の友達からのいちごポッキーで電気の復活を祝ったのでした。





スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
03.09

Babies lapsit storytime

Category: 子供
少し前から息子と図書館のお話タイムに行き始めました。

近くの図書館で0ヶ月から歩き出すまでのいわゆる赤ちゃんのみを対象にしたお話タイムがあると言うので行ってみたのです。赤ちゃんのみに絞ったお話タイムはこの1月から始まったそうでタイミングばっちり!それまでは0ヶ月から2歳ぐらいまでの子が一緒だったのだけど、やっぱりニーズが違うというので分けたんだって。確かに。まだしっかり座れないうちの子と、もう歩いている2歳児では見るからに違いますもんね。

始まったばかりと言うこともあって、いつも3組ぐらいしか来ないのだけど、まあこじんまりしてるし、先生も子供の名前を覚えてくれて親近感があるし、なかなか良い感じです。nursery rhymeを歌いながら、手や足を動かす、うちの子のように小さくてまだムリな場合は、親の方が身振り手振りを子供の前でして見せるのだけど、そういうのを3つ4つしたあと、絵本を読み聞かせてくれます。時に、ボードに先生手作りの絵カードを貼ったり外したりしながら読んだり歌ったりしてくれるので、子供も結構ジーッと見てます。良くわかってはいないだろうけど、興味を示してるのは確か。子供向けCDに合わせて何曲か歌も歌っての20分。短いようだけど0歳児には十分すぎるほどのインプットなのでしょう。

もうひとつ別の図書館でやってる、やはり0歳児から参加できるお話タイムにも行ってみました。こちらは0から23ヶ月までと年齢層が広いのもあってか、20組ぐらいの親子がズラッと輪になって座っていてびっくり。うちの近くの図書館のこじんまり具合とは様子が全然違う。しかも、23ヶ月というと2歳近い子供も居る訳で、もうしっかり歩いて動き回っているので、うちの子みたいに本格的な赤ちゃんは圧倒されてしまう感じ。

内容は結構似た感じだけど、やっぱり読んでくれる絵本がもっとストーリーがあって難しいかなあ。こちらの図書館では、rhymeとお話が終わると、先生が"bubble time"と言いながら何かを取りに。何かと思ったら、先生がシャボン玉を吹きながら部屋中を回り、子供達はおおはしゃぎでシャボン玉を追いかけてました。それが終わると先生がおもちゃを出して来て子供達がめいめい遊び出したので、うちの子にもそこにあったシェイカーでシャカシャカしたり、車を見せたりしたけど、さすがにまだあまり反応ありません。

どちらのお話タイムでもうちの子が多分最年少だとは思うけど、うちでは英語を聞く機会もないし、反応がないように見えて子供は色々なことをどんどん吸収しているのでしょう。英語圏の子供はこういう風に学んで行くんだ、ということも見られて、私にとっても面白い経験。って訳で、図書館通い続けてみるつもりです。


Comment:0  Trackback:0
2014
03.07

春が来た。。。と思ったのに

Category: アメリカ生活
先週の週末は気温が20度にまで上がりました。
お、やっと春が来たのか。。。と思ったのも束の間、今週は週初めから朝晩零下の冷え込みです。春はほんの一瞬で過ぎ去ってしまいました。

が、その一瞬を近くの庭園で楽しむことができました。

私達にとっては一瞬でも、春は確実に近づいているんですね〜
しっかり花のつぼみが膨らみ、早咲きの桜がちらほら咲き始めていました。

DSCN3490.jpg

DSCN3493.jpg

まだ桜はちらほらでしたが、橋とのコンビネーションが丁度良い位置に咲いていました。

DSCN3499.jpg

ちょっと遠いですが、池の向こうに佇む青鷺と桜のツーショットもなかなか素敵です。

DSCN3494.jpg

庭園が春で満ち満ちる時が待ち遠しいですね〜




Comment:0  Trackback:0
2014
03.07

3ヶ月に

Category: 子供
息子が満3ヶ月を過ぎました。
信じられませんが、何もかも良く分からないまま始まった育児。授乳やら体重やらで悩んだり、なんで泣いてるんだか分からなくて右往左往したりしているうちに3ヶ月が経ってたんですね〜

けど、大きくなりました。
少し前に、0−3ヶ月の服がぴっちぴちになっていて、脇に置いてあった3−6ヶ月の服を着せてみたら、あらら、こっちが丁度いいじゃないってことになってました。そういうのを目の当たりにすると成長を実感しますね〜

DSCN3454_2.jpg

このお気に入りのムース付きのお洋服ももう着られない。。。

DSCN3456_2.jpg

サイズ以外にもあちこちに成長が見られます。首はもうだいぶ前からしっかりしてるのだけれど、微笑むようになったと思ったら、声に出して笑うようになり、1人遊びの時間も長くなり。昨日は、腹這いに置いたのに、次にみたらひっくり返ってて、今度見たらまた腹這いになってました。と言う事は、1人で一回転したってこと。。。ですよね?

子供の成長は早いよ〜とは聞いていたけど、いや〜本当に早い。こちらの心が着いて行きません。この調子でハイハイ、つかまり立ち、歩き出しとどんどんできることが増えて行くんだろうなあ。嬉しいけど、どんどん離れて行ってしまうようでちょっと寂しかったりもする今日この頃。。。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top