FC2ブログ
2018
08.24

東京

Category: 日本
息子の幼稚園が終わって、東京に移動。
義父の命日と義母の誕生日を兼ねて、兄弟たちで集まりました。
お義父さん行きつけだった素敵なお店、行きつけのよしみで息子の入店許可をいただきました。が、「お子様ランチ」が高級過ぎました。アメリカなら絶対に持って帰って次の日に親の夕飯としておいしくいただくところなのに。。。く、くやしい。。。と涙を飲んで、お店を後にしました。 私と夫も息子の行動に気を取られるばかりで、正直何を食べたのかあまり記憶が。。。また、いつか、リベンジに戻って来たい!

その後、我が実家に舞い戻り、すきやきコースをご馳走になりました。
2日連続のご馳走に摂取カロリーレベルは。。。恐ろしい。しかも日本滞在中は日々食べ過ぎ気味なうえにです。霜降りの肉がてんこ盛り。それも食べきるかどうか。。。というところに締めのおうどんまで現れ、食べたいけど、さすがの私の胃袋ももう限界。これまた、ここがアメリカだったら、おうどんでもなんでも持って帰って次の日に豪華ランチとして食したのに。。。く、くやしい。。。とまた涙を飲んだのでした。

7月末の私たちを襲ったのは食べすぎだけではありません。ずっと続いていた酷暑にはもう疲労困憊。特に夫は日本滞在1週間というそもそも無理のある予定で来ていて、この暑さ、そしてこの移動。再び東京に戻ると、だんだん体調の雲行きが怪しくなってまいりました。

が、やってしまいました。東京ディズニーランド。株主としての使命を全うしようと思ったのではなく、ただその恩恵をこの機会に逃すまいと思っただけですが、この暑い時に行くものではありませんね。特に疲労困憊のお方、ご注意です。大人二人は無料だったけど、律儀に4歳児のために4800円を払ってしまって意地になった点は否めません。息子が「もういいよ~」というのに(我が息子はキャラクター物にほとんど興味がない子どもなのです)、親が「せっかく来たのだから。。。」と息子を引っ張りまわして、結果大人が倒れました。暑すぎて割とすいてたそうですが、それでも30分や40分の待ち時間は当たり前。それを並んで一つ乗ると冷たいものを飲む、食べるやりながらの今までいちばん過酷なディズニーでした。

35周年という記念すべき時だったんですけどね。
20180724_032851.jpg

思わず自分の年齢と比べてしまったり。。。
20180723_222808.jpg

その後、夫はダウン。次の日にアメリカから最近本帰国したお友達とランチの約束があったのは、私と息子で行ってきました。日比谷の松本楼。おいしいカレーをご馳走になりました。ありがとう!

帰ってきて夫は医者に行って薬を処方してもらい、次の日のフライトに向けて(過酷過ぎる!)ひたすら寝てもらいました。私と息子は毎年帰ってくる頃六本木ヒルズで迎えてくれるドラえもんたちを撮影に。 By 息子
20180723_212601.jpg

20180725_043618.jpg

たまたまやっていた「夏祭り」のイベントにも飛び入り参加。スタンプを探して絵を完成させるトレジャーハントで、ヒルズをぐるぐると。

帰りにパンを買って帰ろうとパン屋に寄った時、危うく息子が迷子になりかけた汗人込みの中、ひょいとパン屋に飛び込んだら、息子だけそのまままっすぐ行ってしまっていて。すぐに気づいて事なきを得たけど、人の多いところは大変だ!

東京最終日はそんなこんなで終わったのでした。

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
08.18

幼稚園

Category: 日本
去年から日本への一時帰国の大目的になった幼稚園での体験入園。
去年は朝離れるときに毎朝大泣きで始まったけれど、今年は一度も泣くことなく、玄関までは連れて行ったけれど、そこでスキッと「行ってきます」が言えるという成長ぶり。

そうは言ってもアメリカのプリスクールとはやり方も求められることも違う日本の幼稚園。しかも、この夏は猛暑でお外遊びにだいぶ制限もあったようだし、息子なりに我慢していたことも多かったよう。最初の方は時差ボケもあったし。
うちに帰ってくると、その疲れがどっと出て、夕方は荒れ模様になることもしばしば。

ちょっとお友達とのトラブルも。
迎えに行くと泣いていて、聞くとある子にたたかれたという。先生に話すとその子は口より手が先に出ちゃうタイプだそうで、次の日に話をしてくれたみたい。でも、息子は繊細なところがあり、その日から幼稚園のプールには入りたがらなくなってしまった。。。日本の幼稚園はすでに人数が多くて(28人ぐらいいるそう)、プールだと先生の目がもっと届かなくなるんだろうな。天気が良ければ外遊びができない代わりに毎日のようにプールになるので、他のクラスのことも入ってくるし。靴を履いたりしてもたもたしてるうちによく分からなくなっちゃったこともあったというから、そういうのが積み重なって嫌になってしまったよう。まあ、無理はもう充分させてるから、それ以上の無理は強いませんでした。火金で行っていた水泳教室のキッズクラスはとても気に入っていて、そっちでプール入るからいいやというのもあったんでしょう。
(キッズクラスは少人数で、まあ泳げるほどにはならなかったけど、顔を水に浸けられるようになって自信がついたのはよかった)

そして迎えた最終日は夕涼み会。
キッズクラスで、最後は唯一のクラスメートとなった「あっちゃん」とコーチにバイバイして、幼稚園に直行。いろいろな露店で遊んだりお土産貰ったりしながら楽しいひととき。

盆踊りともうひとつのダンスを披露。
年中組のあやか先生にくっついてみんな踊りました。
20180720_044443.jpg

ひと悶着あったお友達とも最後はお隣でダンス。
20180720_045000.jpg

風があったのでましだったけど暑いので予定より1時間早い6時にお開きとなりました。
最後に花火をもらって、楽しかった1か月半の幼稚園を後にしました。
また来年よろしくお願いしまーす!
Comment:0  Trackback:0
2018
08.18

おてがみ

Category: 日本
ある日のこと、ご近所さんから桃が届きました。
一つ食べたら丁度食べごろで桃好き息子のツボに。
それから頻繁に催促が入るように。

そして、ある日の午後、「桃が食べたい」とリクエストが。
おばあちゃんが切ってくれています。
息子から白い紙がほしいと言われ、裏紙を探すと、真っ白のがいいと言われ渡しました。
なんだか一生懸命書いています。
うまく行かず何度か新しい紙に交換。
「桃むけたからどうぞ」と言っても見向きもせず紙に向かっています。
途中から、おばあちゃんも母もやっていることに気付き始め。。。
ついに4枚目。
「れ」が書けずイライラしています。「れ」は母が書いてあげました。
ようやく書けた紙をおばあちゃんに渡しました。

20180709_023946.jpg

これには、おばあちゃんと母の親子で感動しました。

この子って本当にシャイなのね~ なんて言いながらちょっと目が潤んでしまいました。
Comment:0  Trackback:0
2018
08.18

ねがいごと

Category: 日本
七夕に幼稚園で笹をいただいたので、うちでも短冊に願いごと書いて飾りました。
いろいろ願いごとがあったようで3つ。
さあ、何と書いてあるでしょう?

20180709_024029.jpg

「ばとんねんじゃ(になりたいー母代筆)」
「さかあせんしゅになりたい」
「でんしゃになりたい」

と答えを聞いても、そう読めない。。。 
そう、全部下から書きました。なぜだろ?
Comment:0  Trackback:0
2018
08.18

実家にて

Category: 日本
おじいちゃん、おばあちゃんに滞在させてもらって色々な経験をさせてもらいました。

赤城の山連れて行ってもらい、この素敵な佇まいのお蕎麦屋さんへ。
ここの蕎麦も天ぷらも絶品でした。
20180706_223129.jpg

帰りに焼きとうもろこしを。甘味のあるトウモロコシを炭火で絶妙に焼かれていて、とにかくうまい!

その時買ってきた生のトウモロコシはじめ、おじいちゃんが準備してくれたお肉とお野菜BBQ
3時過ぎて風はあったけど、それが丁度涼しくて、お肉も何もおいしくて、ビールがまた進みますね~
20180709_030300.jpg

20180709_033458.jpg

肉が焼けるまでの間に息子が撮影のおじいちゃんの畑野菜たち。
どれも元気にすくすく育っていて、毎朝おいしい生野菜をいただきました。
20180709_052440.jpg

20180709_052534.jpg

20180709_052543.jpg

すいかは食べごろの判断が難しい!はて、その後いい食べごろに食べられたでしょうか?
20180709_052434.jpg

息子は最近写真撮影に凝っていて、以前私が使っていたカメラをひとつ彼用にあげたのだけど、実験的作品が多すぎてアップロードすると目がちかちかする~ この野菜たちはとても上手に撮れていましたね(^^♪

いとこたちも遥々泊まりで会いに来てくれたんですが、残念ながら写真が。。。ない。。。
習い事を終えて遅くに到着し、手巻き寿司をほおばっていた姿が忘れられない。
子どもが寝た後、女子たちは遅くまでおしゃべりに盛り上がりましたね~
息子はお兄ちゃんたちにいっぱい遊んでもらって大満足でした!
素敵なレッスンバッグは、補習校のブックバッグに使わせてもらってます(目ざとい友達から、「その素敵なのは、あなた作ではないね、はてどなたが作ったの?」とストレートな質問浴びせられました笑)
今年もありがとう。また来年も遊んでね💛

Comment:0  Trackback:0
back-to-top