FC2ブログ
2019
03.28

連日のかずまくん、ほのちゃん

Category: 旅行
かずまくん&ほのちゃんが6時過ぎに帰った次の日、かずまくん&ほのちゃんたちとKerr Lakeへキャンプ。

午前中、荷物や食材準備して、昼過ぎに残りの買い出しにスーパーによって向かうというゆるーい感じ。3時過ぎに着くと、大変な風。そういえば、このキャンプ場、前回来た時も強風だった!冷たい風に結構体温奪われながら、テントはったり、荷物おろしたり。そうこうしてたらかずまくん&ほのちゃん&パパ到着。妊婦のママはおうちでゆっくり。

さて夕飯の準備を始めるかって頃にようやく風が落ち着き、苦戦しながらもパパたちは火おこしに取り掛かる。我が家は肉とちょっと炒めてきて野菜とサラダ。かずまくん&ほのちゃん家はサンマ、おうちで用意してきた豚汁と焼きおにぎり。お互いシェアしながらおいしく夕食。

日がだんだん落ちてくると、きれいな夕焼け。船をLaunchするところまで散歩して水辺で石を投げたり、写真撮影したり。
IMG_20190323_192903_J_J.jpg

日が落ちると一気に暗くなり、頭上には満天の星。
子供たちを寝かせてから、夫と私はたき火の回りで星鑑賞。あれ、見えにくくなってきたなあと思ったら、向こうから満月に近い月が登ってきた。こういうのがキャンプの醍醐味だね。

夜から早朝はかなり寒かった~
でも晴天で清々しい朝。定番の夫のホットケーキとコーヒーは寒い朝に格別。かずまくん&ほのちゃん家のサンドイッチもおいしくいただく。

近くにあった遊具で遊んだ後、撤収して水辺へ。ハンバーガーとあんこパンでお昼をした後、子供たちははだしになってドロドロになって温泉堀り。これだけドロドロべたべたになって遊べるって子供ならではでいいよね~

天気が移ろいやすいこの時期に、完璧な晴天で、恰好のキャンプ日和でした!

続報。。。この2日後、再び、かずまくん&ほのちゃん兄弟と公園で遊びました。私の文学クラスの間、一緒にLaurel Hills Parkで遊んでもらったのです。お初のあけみちゃん&ひでかずくん兄弟も一緒に母不在中も仲良く遊べたみたい。かずまくんとは、ほぼ1日置きという高頻度で遊んでいたからでしょう。息子の口調が「ちっちゃいおっさん」風なかずま口調になっております。

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2019
01.13

Hasta la vista Cancun

Category: 旅行
ついに最終日となりました。
朝食付きなものの、出発が早すぎて初日以来ご無沙汰だった、ホテルBreakfastをのんびり堪能後、最終日はビーチ、プール沿いにて。私もプールに入ってみたけれど寒くて泳ぐほどの根性は出ず。ビーチも足元パチャパチャ止まりで、結局ビーチチェアにて読書、気づけば寝てたというダラダラぶり。

急なスコールで一旦部屋に戻って着替えて、雨が上がったころに町へ繰り出しました。市バスに乗ってLa Islaモールへ。バスは荒いけど運ちゃん実は優しいのってところがタイのバスを思い出させます。

お土産を物色。結局、メキシコっぽい絵柄のナプキン置き、3つ買うと1つタダになるというので、コーヒー、チョコレート、ココアパウダーにアガベシロップお買い上げ。息子は、今回は全くお目にかかっていないサメのぬいぐるみをお土産にしました(???)

買い物中、突然眠気に襲われた泥のように重い息子を夫がおんぶしながら海沿いをお散歩。
IMG_20181229_170835.jpg

近くに居合わせたお兄さんに写真撮影をお願いしたけど、あんまり写真をお得意じゃなかった模様。

気持ちを切り替えて、バスの手すりをしっかりつかまりながらホテルに戻ります。
バス停側のスーパーに立ち寄ると、結構いろんな土産がモールより全然安かった。。。だよね~ 土産はスーパーだよね~
息子の壊れかけたサンダルとカンクンの地でさよならするために、新しいサンダル購入。チチェンイッツァの模型も合わせて購入。いずれも激安なり。

最終日のディナーは、ちょっと素敵に”Hacienda El Mortero"レストランにて。
まずはマルガリータで”Salud"。結婚記念日も仕切りなおして。
IMG_20181229_192742.jpg

マリアッチバンドがテーブル側まで来てくれて演奏してくれる。隣のメキシコ人大家族は歌をリクエストしてみんなで大合唱してた。あーあ、あんな風に歌えたら気持ちよいだろうなあ。
IMG_20181229_204828.jpg

ノパルのサラダ、ワカモレ、息子はタコスなどなど(もっと注文したのだけれど、この記憶力が恨めしい)

息子はまたまたおねむになり夫が抱っこしたら本当に寝ちゃった。そのままおんぶしてホテルまで。全然起きずにそのままおやすみなさーい。3日連続の長時間ツアーと水遊びで疲れたんだね~ 

出発の日の朝、荷物を準備してゆっくり朝食を食べて、ビーチで最後の写真撮影。
心なしか写真のビーチも寂しく見える。心象風景?
IMG_20181229_095328.jpg

空港に早く着いたので、もう少しお土産を物色。うちの玄関前ポーチによさそうな飾りは黄色と青で我が家にぴったり。息子はTシャツ型のキーホルダー。お会計したら10ドル近くて驚いた!こ、これ、そんなにするの?どうぞ大事に使ってくださいよ。夫はメキシコっぽい💀モチーフのお人形。

飛行機に乗り込み3時間半の旅は快適。だけれど、今どきの飛行機の旅、イヤホンだけはお忘れなく!ついにイヤホンも有料になってました。無声で字幕を追いながら見る映画も悪くはない?!

80℉(27℃)の快適さに1週間甘やかされた体、ノースカロライナの寒さがさぞ堪えるだろうと覚悟して空港を出たけれど、あら、あまり寒くないじゃない!ノースカロライナも幸い暖かくて助かった~

Comment:0  Trackback:0
2019
01.13

自然遺産で流れる~ #グランセノーテ&シアンカーン

Category: 旅行
ツアー最終日も早朝7時からスタート!

この道中にはタコス屋がないのかガイドの川村さんがホテル側の店でバゲットサンドを買ってきてくれた。私たちには美味しかったけど、息子には合わなかった。。。子供の口に合う物を探すのは大変だ。

一路グランセノーテへ。
これは名前の通り大きいセノーテで、日本人も含めとても人気(日本人が有名にしたんだとガイドさんは言ってた)。色々サーチしてた時に見た写真の印象が「公衆浴場みたい。。。」だったので、あんまり期待してなかった。

んだけど、その印象はすべて間違い!これまで見た2つとは全然違っていきなり開放的、広い、誰かが書いてたブログ描写と写真と違って水もクリアだし、全然公衆浴場っぽくないし。いい形で見事に裏切られました✌

慣れもあるのだろうけど、息子もあまり怖がらず入って行って、私か夫にピタッとくっつきながらも積極的に動いてたし。光の入り具合がすごくよくて、シュノーケルつけて水中を見ると光がきれいに水中を横切っていて美しい。広いので鍾乳洞の方へ行けば暗がりの中の光が楽しめ、開放的なところに行くとちょっとしたプールのようで、そして反対側のトンネルのような方を泳いで抜けると砂浜のようになっていて、その名の通り広いからこその様々なセノーテの顔、そして光との協奏が見られて、これはやっぱりナンバーワンだなと実感。

時間を忘れて縦横無尽に泳いで楽しんでいたら1時間などあっという間で、写真撮影の時間が撮れなかった夫は残念そう。
でも、次のシアンカーンのボートの時間があるので泣く泣く出発。

という流れも一気に忘れるほど、これがまた素晴らしいところ。
ボートに乗ってマングローブの森に入っていく。着くとセーフジャケットの腕を入れるところから跨いではくように指示されたけど、ふざけたお相撲さんみたい。。。笑 で、それで水の中にザブン!結構冷たいなあなんて言ってるうちにどんどん流されていく~ ゆったり上を見てのんびり~ いやあ、こんなパラダイスはないわ。お天気も良くてこんな自然の流れるプールに仰向けになってただなされていればいいのだから。でも、結構寒くてね、つい体を水面から出そうとしてはバランス崩してクルクル回っちゃったりしたけど、でも、結構ゆっくり流されたなあ。到着してボートまでしばらく歩きながらようやく体も温まる。

展望台からシアンカーン一望。
IMG_20181228_134538.jpg

階段はかなり急。息子よく頑張った!
IMG_20181228_135203.jpg

そのまま森を抜けながら、
IMG_20181228_140130.jpg

セノーテ発見。魚がいる泉ってことは、地下から水が湧いているってこと。大小にかかわらずセノーテなんですって。
IMG_20181228_140107.jpg

こんな枝ぶりの木に思わず足が止まります。
IMG_20181228_142048.jpg

昔の儘の姿を残すムイル遺跡。これは当時貿易の拠点として使われていたそう。あまり人の手の入っていない森に囲まれるようにたたずむ遺跡。タイ、チャンマイのワットウモーンを彷彿とさせる。ムイルには霊が宿っているそうで、霊感のある人には相当強い気が感じられるそう。写真を撮ると不思議なものが撮れたりだとか。この地域の人にとってはとても大事な場所で何かあればここに集まってくるのだそう。
IMG_20181228_141146.jpg

IMG_20181228_144324.jpg

TulumのAna y Jose Hotelのレストランでランチ
ビーチ目の前のモダンなレストランでお食事💛 (でも、また写真は取り忘れる)

ツアーも3日目で父母はもうへとへと。ランチが3時過ぎなのでお腹もすかず、スタバで軽くサンドイッチディナー。
と気づけば、今日は結婚記念日じゃないか!ってことで、スタバでアイスを買ってお祝いしたのでした。

Comment:0  Trackback:0
2019
01.11

遺跡話が楽しめるようになるのはいつ? #チチェンイッツァ

Category: 旅行
ツアー2日目は遺跡がメイン!

今日も結構長距離ドライブで向かいます。途中、ドライブインの食堂で朝ごはん。
Sopa de Limaというライムスープが美味

チチェンイッツァ遺跡に到着。
あ、でも、この写真はメインのではないわ。

これは確か。。。そう、球技場の奥にあった遺跡。
IMG_20181227_113322.jpg

むかしむかし、球技場でゴムでできたボールを使って球技をしていた戦士たちがいたそうな。
人間技で届くんかい?!と言うほど上の方に小さい〇のゴールがあってな、そこにボールを入れるという相当難しいゲームじゃった。そして、極めつけがな、勝った方のリーダーが生贄として天に召されるっていうから驚くわけじゃ。農耕民族のマヤ人たちは強い血で土地を潤したい!だから、神に召されるのは強い血を持つ勝者でそれは大変名誉なことだったそうな。

って昔語り風で言われても、ねー ちょっとやりたいことあるから勝つのは今度で!とか思ったりしちゃいそうなものだけど。。。価値観がここまで違うと生き様ももちろん違うって頭では分かるよ。。。で、でもね、うーん、やっぱり分からんわあ。、

そんなこんな、いろいろ面白い話を聞いたんだけど、あまり興味を持てない人がいたので、途切れ途切れなのが残念涙

手の込んだ壁画もあちらこちらに。
IMG_20181227_113033.jpg

💀モチーフが多いのが特徴。
魔除けとかの意味合いらしい。ここユカタンは割と天候に恵まれていて大きな問題はなかったらしいのだけど、それでも数年に一度来る天災などはあるわけで、そういうことに備えるというか、そういう予想をして当たったりする人が出たりするとものすごく崇められたそうな。王のような人はその辺の心理をうまく使って君臨するとともに、天文知識のような貴重な情報は自分の力維持のために公表しなかったから、ある意味神秘のマヤのようなイメージができたらしい。

あまりにも謎なところに、不思議な形をした頭蓋骨が発見されたりしたらしく、それで宇宙人説まで出たらしいのだけど、これは暑い土地柄、衣装などであまり地位の上下を見せにくいから、位の高い人たちは子供のうちから頭に重しをしたりして変形させたんだって。中国の纏足とかタイの首長族のような感じ?理由は違うけど。

移動してセノーテサムラへ。
Hubikiではちょっと躊躇したけど、サムラには息子も私も入ってみましたよ。
IMG_20181227_131245.jpg

水の中に光のカーテンが見えてキレイ。

その近くの修道院では素敵な写真がたくさん撮れました(ので後ほどアップします)

ようやく昼食。
老舗ホテル”Hotel ElMeson del Marques"のレストランで大変な混雑。お腹ペコペコな息子はもう大変なことになってましたが、朝からお気に入りのSopa de Limaを食べて落ち着いたよう。夫はお薦めされたリゾット、私もお薦めのモレをいただいたんですが、お腹すきすぎて写真撮り忘れた~

二日目も盛りだくさんで帰ったら8時近かったんじゃないかな。
それから近くのタコス屋でテイクアウトしてプールサイドで食べて、顔なじみになったスタバで食後のコーヒー。

Comment:0  Trackback:0
2019
01.06

やっぱりいいね~ ピンクは♡ #ピンクレイク

Category: 旅行
夫が見付けて連絡を取り合って予約した吉田店長のツアー企画。
ちょっとした質問に数パラグラフに渡って気合の入った返事をしてくれる、会ったことはないけれどかなりのこだわり派と思われる吉田店長企画に期待が膨らむ初日。

ベタではありますが、まずはドルフィンビーチのCANCUNモニュメント前で写真撮影。
IMG_20181226_073218.jpg

そう言えば昨日空港からホテルに行く途中で人だかりができてたところ!ここ、この早朝を逃すと撮影まで長蛇の列間違いなしの大人気撮影スポットだそう。まだ少々暗いけれど、吉田店長のおかげでこの難関難なくクリアとなり一路目的地へ。

早朝出発で食べそびれた朝食は、途中の地元タコス屋にて。ふっつうの民家を通り過ぎて、ふっつうの民家の並びにひょっこりと現れた。炭火でお肉をもくもくと焼いてまして、そこに定番のトマト、たまねぎ、ピーマンの3色和えみたいのと辛みを載せて食べるんだけど美味。息子は辛くて泣きだしましたが、これもメキシコの洗礼ってことで。お勧めタコスは1枚8ペソ。小さいから3枚ほどいただきましたが、それでも家族で64ペソ((3ドルちょい)だったか。昨日ホテルゾーンで食べたタコスの値段と比べなくても安さ爆発でした。

結構長距離走るので、途中うとうとしてたら、最初のセノーテHUBIKIに到着。
どうもカンクン界隈はこのスタイルのモニュメントがお好きなよう。
どこへ行ってもこのカラフル文字。
IMG_20181226_101112_BURST002.jpg

ついに初セノーテお目見え~
足を浸すとあまりに水が冷たく、またなまずがうようよ泳いでいたころもあって、一緒に行った新婚カップルも私も息子も足止まり。
IMG_20181226_104222.jpg

約1名だけ大変気持ちよさそうに漂われました~笑
IMG_20181226_102743.jpg

車に乗り込みふと外を見ると、鮮やかなピンクが目に飛び込んで来た!
IMG_20181226_123237.jpg

これは美しすぎでしょう!でも、フラミンゴちゃんたちは遠くてあまり見えない。
フラミンゴちゃんは泳ぐのが嫌いで、必要がないこのピンクレイクでは1本足立ちしないんだそう。

塩湖で漂えるという行程はキャンセルになってしまい、スピードボートに乗って、見に行っただけ。巨大な塩山は見えました。ミネラル豊富な泥を体中に塗りたぐり泥パックをして、またボートで一仕切り移動して泥を流して上陸。

そこには、本日3つ目のこれ系モニュメント!
IMG_20181226_160936.jpg

メキシコのランチタイムは遅いのか3時頃、近くの食堂でお食事。
こんな小皿のサイドが振舞われ、私はビールを一本。
IMG_20181226_133002.jpg

このお魚の丸ごと素焼きは美味!2匹ペロッと平らげました。
IMG_20181226_130856.jpg

初日から盛りだくさんで、ホテルに戻ると7時過ぎ。出てから12時間とは!ガイドの川村さんお疲れ様でした!!

疲れていたし、近くのモール内ちょっとしゃれた感じのFood Courtで夕食。しゃれた感じの食事が出てきたけどお客がいない!こういうセッティングはあまりニーズがないのかもね。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top